当前位置:OB欧宝体育官方网站入口 > 企业文化
当前位置:OB欧宝体育官方网站入口 > 企业文化

到底谁说“台湾只需要应急的100万剂”? 朱学恒找到证据:自民党的他 - 政治 - 中时新闻网


自民党参议员佐藤正久。(摘自佐藤正久YouTube)

对于日本为什么第一时间只给台湾124万剂疫苗的说法,民进党人士批是造谣,并且要依法严办造谣者。宅神朱学恒今表示,经过他一番查证,发现最初说“台湾只需要应急的100万剂”的人是日本自民党参议员佐藤正久。

朱学恒在脸书指出,6月5日星期六播出的日经新闻 Plus 9 BS 东京电视台(日経ニュース プラス9 BSテレ东),自民党参议员的佐藤正久接受访问,朱学恒把主持人与佐藤正久之间的访谈全文贴在脸书如下:

女性アナウンサー:そして台湾のワクチンの确保状况も见ておきましょうか。こちらですね。日本の今回の124万回を合わせても210万回分しか确保していないということなんですね。今后、コバックス(COVAX)などを通じて提供を受けられる予定ではありますが、人口は2360万人ということですから、(人口の)一割に満たないということで、少し心もとない状况ということです。

女主播:我们来看台湾疫苗目前的状况。请看这份资料。包括这次日本的124万剂,已确保的总数只有210万剂。虽然未来将预计收到COVAX所提供的疫苗,但是与台湾人口总数2360万人比较起来,未满一成,因此听说有点不安的情况。

男性アナウンサー:佐藤さん、これはなぜ124万回なんですか?逆に言うと日本で余ってたらもっと数があってもいいと思うんですけど、そこは、このバランスなんですか?

男主播:佐藤先生,为什么是捐赠124万剂这个数字?反过来说,既然在日本疫苗的量是有多余的,我觉得应该要有更大数字的捐赠才对,这点是反映这边平衡的考量吗?

佐藤氏:台湾自体の感染者がさっきもあったように一番多くても700とか500くらいの数字なんですよね。で、台湾全部の方に広がっているというわけではなく、どちらかというと台北と、あの新北市のあたりが中心ということもあって、そこまで吃紧ではないということ、またアストラゼネカ社のものもまた6月に200万はいる、これだけの见通しがついている。また、ありましたように台湾制のワクチンも7月から2社で一回当たり1000万回分、合わせて(倍と合わせて?)2000万回分という计画もあるので、とりあえず紧急的には100万回分、という话が当初ありました。

佐藤先生:像刚才也提过,台湾本身的感染者的数字最多的时候也大约700或500。然后,(传染的范围)并没有遍及整个台湾,而是以台北市和新北市为中心,因此并不是那麽吃紧。再加上AZ疫苗也预计在六月份进来200万剂。而台湾制的疫苗也从七月份起两家公司准备一次1000万剂,所以按照计划来看总共会有2000万剂的疫苗,于是只需要应急的100万剂的数量,这就是当初的信息。

朱学恒强调,“只需要应急的100万剂的数量”是佐藤正久说的!

朱学恒介绍,佐藤正久是福岛县的自由民主党参议员,曾任日本外务省副大臣、参议院外交防卫委员长、防卫大臣政务官等重要职务,而且非常挺台湾,早在5月23日的时候他即在自己TWITTER上发言要求给台湾疫苗。

(中时新闻网)


本文由:OB欧宝体育官方网站入口 提供

关键字: OB欧宝体育官方网站入口-首页

上一篇:柴油车检验场站优化服务 环保局:“类定检”制度形成 下一篇:OB欧宝体育官方网站入口app:台糖复办净滩运动 动员百人清理海岸线